「首・肩・上肢の解剖と疾患、その対処法」セミナー

サロンを訪れるお客様において、最も多い不調の症状のひとつとして「肩こり」が挙げられます。首と肩の関係から、肩こりのつらさを訴える方は、首のつらさを訴えるケースが多く、首周辺にもで手を当てていくことになります。

しかしながら、首周辺はトラブルを起こすことが多く、強く押すことは危険であると考えられています。首周辺のトリートメントを行う際に、首周辺の構造や禁忌を知ることで、触らない方が良い部分や、アプローチすべき箇所を学ぶ機会となりました。

タイトルとURLをコピーしました