茨城県常陸太田市

放課後等デイサービス くじらがおか(放課後等デイサービス)

活動の概要

2015年から活動開始。障害が一様ではなく、未成年者(小学生~高校生)でもあるので、精油の選定や濃度にも注意をし、施術もそれぞれに合うリラクゼーションを心掛けている。

施術内容や部位や体調など、話し合いまたは書面で、ご家族、ご本人、施設職員に確認の上で決定している。

セラピスト
活動日数
月8回(毎週火曜日、木曜日)
施術人数
28~32人/回(施術者2人が交代または一緒に訪問)
総施術人数
のべ257人(※2019年7月以降の実績)
活動時間
16時00分~17時00分/回(1人当たり15分程度)
活動内容

主にアロマオイルを用いたリフレクソロジー(座位)

施術部位

基本は足部・下腿。相談に応じて手・腕・頭部など。

月次報告

2021年6月

セラピスト
活動日数
3日
施術人数
7人 (男性0人・女性7人)
活動内容

血色が悪く足部に熱がこもってしまう利用者様は、トリートメントで血色が良くなり、こもった熱も冷め、リラックスして入眠した。

2021年5月

セラピスト
活動日数
2日
施術人数
4人 (男性0人・女性4人)
活動内容

トリートメントを行い続けて5年になる利用者様は、当初は歩行していなかったが、現在は歩行訓練を重ね、支えてもらいながらもしっかり歩けるようになっていた。

脚の筋肉もしっかりしてきたが、関節を上手に使えていないためか脚全体が硬く張っていることが多く、足部は装具が当たっていると思われる赤みがあったり、冷えや火照りを感じることがあった。

痛みを訴える部位には負担をかけず血行促進を心がけてトリートメントを行うと硬さや張り、冷えなどが軽減した。

2021年3月

セラピスト
活動日数
4日
施術人数
6人 (男性0人・女性6人)
活動内容

少しのきっかけで興奮して手足をバタバタさせていた利用者様は、施術時の体勢の工夫もあってか落ち着いて受けてくださるようになってきて、リラックスしてトリートメント中は入眠するようになった。トリートメントで温まることも早くなってきた。

2021年2月

セラピスト
活動日数
2日
施術人数
4人 (男性0人・女性4人)
活動内容

落ち着かず直ぐに起き上がってしまっていた利用者様は、落ち着いてトリートメントを受けていただけるようになってきた。血色の悪さ、冷えやむくみがトリートメントを行うことで軽減がみられた。

2021年1月

セラピスト
活動日数
3日
施術人数
6人 (男性0人・女性6人)
活動内容

これまでベッドでリラックスして受けていた利用者様は、身体的にも精神的にも変化があるためか、落ち着かず直ぐに起き上がってしまっていた。イスに移動を促してトリートメントを行うと、比較的落ち着いて受けていただくことができたことから、かなり血色が悪かったがトリートメントで改善が見られた。顔の表情も明るくなった。普段から歩行装具を使用されていているが歩く速度が速くなってきた。

2020年12月

セラピスト
活動日数
5日
施術人数
9人 (男性0人・女性9人)
活動内容

この地域では新型コロナウイルス感染者があまり増えていないが、県内では増えているため、これまでの体温測定やマスク着用、手洗い等の予防と体調管理に加えて、施設での着用を専用としたスクラブを準備し着替えトリートメントすることにした。

精神的な成長期でもあるのか、最近になって何でも自分でやりたがる利用者様は職員の介助を拒否するため準備に時間がかかりトリートメント時間が少なくなってしまうおそれも出てきた。本人の意思を尊重しつつも工夫が必要と思った。

2020年11月

セラピスト
活動日数
3日
施術人数
4人 (男性0人・女性4人)
活動内容

気温が低くなってきたこともあってか、血色が悪かったがトリートメントで改善した。足趾に触れられることを嫌がっていた利用者様は、変わらず触れられたくない様子だったので、不快感を与えないように慎重にトリートメントした。

 

2020年10月

セラピスト
活動日数
3日
施術人数
3人 (男性0人・女性3人)
活動内容

脚の血色が悪さは以前ほどではなかった。トリートメントでさらに血色が良くなった。今までは大丈夫だったが足趾を触れると足を引っ込める仕草がみられた。熱感はみられなかったが、装具を付けて歩行していることや母趾が外反していていることから、成長に伴って負担がかかっている可能性も考えられ、痛みを感じているのだろうか。無理に触れないようにし、他の部位を中心にトリートメントした。

2020年9月

セラピスト
活動日数
2日
施術人数
2人 (男性0人・女性2人)
活動内容

足底に熱がこもっていた。脚の血色が悪かった。トリートメントで血色が良くなり熱は少し冷めた。

2020年8月

セラピスト
活動日数
1日
施術人数
1人 (男性0人・女性1人)
活動内容

足がとても火照っていてむくみもあったが、トリートメントで軽減した。ベッドに横になるまで時間がかかったがトリートメント中は落ち着いていた。

2020年7月

セラピスト
活動日数
3日
施術人数
3人 (男性0人・女性3人)
活動内容

新学期が始まって時間が経ち、自粛時より歩くことが多くなったためか、むくみと火照りがあった。装具を付けて左右に揺れながら歩行しているからか脚側面の張りが強かった。トリートメントで軽減し血色も良くなった。施術用ベッドになるまでのルーチンにこだわりが強くなっていて時間がかかるようになってしまった。慣れが出てきて我儘が出るようになってきたとのことだった。

2020年6月

セラピスト
活動日数
2日
施術人数
2人 (男性0人・女性2人)
活動内容

この事業所は今までの報告は「放課後等デイサービスひたちおおた、けやき」も一緒に報告していたが、新学期からご利用者様が進級移動で入れ替わったため、分けて報告することにした。
施術場所は「放課後等デイサービスおおた」にて行うことになった。

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が解除になり、茨城県の指標のもと施設からご依頼があり今月から活動再開した。
体温や酸素の測定、マスク着用と消毒持参など注意を払って訪問に当たった。
施設も換気や消毒設置など様々な感染予防の工夫がされていた。

自粛前にはリフレを少し行ったのみで慣れていない様子だった。
2カ月ぶりにお会いしたが、とても楽しみにしていたご様子で、ヘッドギアや足の装具を自分で脱ぐ仕草をして準備が早くなった。
トリートメントを始めて直ぐにリラックスして入眠した。
足部や下腿が冷たく血色が悪かったがトリートメントで軽減した。

2020年5月

セラピスト
活動日数
0日
施術人数
0人 (男性0人・女性0人)
活動内容

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を受け、活動は休みとなった。

2020年4月

セラピスト
活動日数
1日
施術人数
4人 (男性2人・女性2人)
活動内容

年度がかわり今月から場所「くじらがおか」から「けやき」に変わっての活動となった。

休校となって一ヶ月、皆さん体調は安定していてリラックスして受けていた。
足の冷たさがある方と火照りがある方がいたが、どちらもトリートメントで循環が改善されてか軽減した。

感染症対策は常に細心の注意を心がけていた中、更に強化して行うようにしていたが、緊急事態宣言を受け、以降の活動は休みとなった。

2020年3月

セラピスト
活動日数
9日
施術人数
26人 (男性12人・女性14人)
活動内容

感染症対策は常に細心の注意を心がけてきたが、更に強化して行うようにした。

特に女性のご利用者様達は、冷えや気力の低下、食欲不振など、季節の変わり目でか体調のバランスの崩れからと思われる症状がみられた。
トリートメントを行うと手足が温かくなった。
施術後の食事は喉を通り完食できるようになった。

2020年2月

セラピスト
活動日数
8日
施術人数
0人 (男性0人・女性0人)
活動内容

循環がわるく常に血色が悪いご利用者様は、回を追うごとに血色がよくなっていった。
精神的に落ち込んでいて声かけにも無反応だった方は、トリートメントを行うと笑顔になりコミュニケーションもとるようになった。

施術前
施術後

2020年1月

セラピスト
活動日数
8日
施術人数
25人 (男性10人・女性15人)
活動内容

循環がわるく常に血色が悪いご利用者様は、トリートメントでむくみと血色の悪さが改善されるのが目に見えてわかった。
てんかん持ちのご利用者様は疲れが出ている様子でストレスによる歯ぎしりが頻繁にみられた。
トリートメントをすると冷たい足に温かくなり、リラックスして入眠し歯ぎしりは見られなかった。

施術前
施術後

2019年12月

セラピスト
活動日数
8日
施術人数
27人 (男性13人・女性14人)
活動内容

先月から入った新しいご利用者様は、握手や服の上から前腕を触れるコミュニケーションをとって徐々に慣れていただいた。
他の利用者様の施術を見学していたところ自ら準備をしてくださってトリートメントができた。
とても気に入ってくださった。
血色がかなり悪く冷えていたので身体に負担がかからないよう時間をかけながら改善のサポートをしたいと思った。

てんかんを持っているご利用者様は、このところ生活の中で頻繁に発作を起こしていて病院に受診したところ、最近の発作はウィルスによるもので治療を受け、その後は落ち着いているとのことだった。
トリートメント時も落ち着いていて入眠、足の冷えや硬さの改善も早くなった。
発作を起こすこともなかった。

2019年11月

セラピスト
活動日数
8日
施術人数
25人 (男性13人・女性12人)
活動内容

本格的に寒くなってきたが、足の冷えは以前に比べ感じなくなってきている利用者様が多かった。
ご本人からも冷えを感じなくなっていると感想をおっしゃる方もいた。
職員の方から、風邪をひきづらくなっている、食欲不振や嘔吐などの症状も見られなくなった利用者様もいるとのご報告があった。

新しい利用者様が1名いたが、ご興味を示しているものの始めようとすると拒否したので、時間をかけて少しずつ慣れていただこうと思った。

2019年10月

セラピスト
活動日数
10日
施術人数
25人 (男性15人・女性10人)
活動内容

学校等の行事が多かったことや、大きな台風の影響など気象の変化が激しいかったことの影響か、てんかん発作の頻度が多かった利用者様がいらっしゃったので、職員の見守りのもと慎重に行った。

風邪をひいて鼻水や涎が多く怠そうにしていた利用者様もいらっしゃったが、トリートメント後はスッキリしていたご様子だった。
翌週の施術時には元気になっておられた。
歯茎から出血していた症状が改善されたとのことで、主治医から「むくみが取れたことで改善した」とのお話しがあったと利用者様ご本人からご報告があった。
トリートメントとの関連は不明であるが、毎回施術後はむくみが軽減していた。

2019年9月

セラピスト
活動日数
7日
施術人数
22人 (男性13人・女性9人)
活動内容

今月から学校が始まり、月初めの頃は落ち着きがない方もいた。
両脚はむくや火照っている方が多かったが、トリートメントで軽減した。
施術中はリラックスし、入眠する方もいた。

2019年8月

セラピスト
活動日数
7日
施術人数
24人 (男性9人・女性15人)
活動内容

今月は夏休み期間の為、午前中に施術を行った。
午前中だったこともあり疲労感なく活気ある利用者様が多かった。
連日厳しい暑さだったが、利用者様の足は冷えとむくみがある方が多かった。

2019年7月

セラピスト
活動日数
8日
施術人数
28人 (男性15人・女性13人)
活動内容

今月は気温や湿度、気圧の変化が激しい時期だったためか、だるそうにしていた方が多かった。
数日前からてんかん発作が起きやすいと報告を受けた方がいたので、職員である看護師の付き添いのもと施術を行った。
施術中、施術後に発作を起こすことはなかった。
動きが激しかった方も、職員の見守りのもと施術を行った。

施術の様子
タイトルとURLをコピーしました